集客が見込める歯科医院の開業物件の見つけ方とは?

小さな店に最適な会計機器

タブレット

専用機器より低額で導入可

レジと言えば、以前は店舗のカウンターに据え付けられた重くて大きな機械というイメージが一般的でしたが、現在ではコンパクト化が進んでいます。中には片手で持ち運べるものもあるほどです。それがタブレット型のレジです。タブレット型のレジは、市販されている汎用タイプの端末にレジ用アプリをインストールすることで利用できます。このアプリには、POS機能が備わっています。また、キャッシュドロアやレシートプリンタといった周辺機器とは、無線でつなぐことができます。このレジは、タブレットのパネルにタッチすることで操作できます。商品名やメニューなどをボタン表示し、それを押していくだけなので、かなり直感的な操作が可能です。特にスマートフォンに慣れた若いスタッフなどは従来のレジよりも操作しやすい可能性があります。タブレット型のレジには、2つの大きなメリットがあります。1つは、導入コストが安くて済むということです。タブレット端末はレジ専用機に比べると数分の1、あるいは数十分の1で購入できますし、メンテナンスもフリーです。アプリの導入費用をプラスしてもなお割安です。もう1つのメリットは、ネットワーク環境さえ整っていればどこにでも持ち歩けるということです。レストランなどではテーブルの近くまで持って行って客を歩かせずに会計を済ますことが可能ですし、POS機能を活用して在庫管理を行う場合でも、そのままバックヤードに持ち込めます。さらに、出張販売の際にも持参することができます。